サポータを肘に付ける効果

最近、仕事で手を使う作業が連日続きました。
少しずつ少しずつ疲労がたまったのか、肘がどんどん痛くなってしまいました。
どうやら、腱鞘炎になってしまったみたいなんです。

そもそも、腱鞘炎は使いすぎたことによって起こる腱の炎症なので手を使わないことが一番治りやすいんですが手を使わないように生活するってなかなか難しいですよね・・。
僕の場合は左手の症状がひどいので、日常生活で休ませることはできそうですが、仕事を含めるとまず無理。
しかし痛くて声が出てしまいこともあるので、薬局でサポーターを買ってみました。

肘用サポーター

ちなみにお値段は1000円。
ぴたっと肘にフィットして、つけてることを忘れてしまうくらい違和感はありません。
でも本当に効果があるのか?疑問に思いました。
サポーターのこのフィット感が、実は効果をもたらしてくれるそうなんです。
サポーターは、炎症を起こしている部分を適度に圧迫して動きをサポート。
そして、炎症や痛みがひどくならないようにする効果があるんだそうです。

なんだか見た目はただの腹巻みたいな感じだったんですけど、予想以上にすごいんですねサポーターって。
しばらくはこのサポーター付けて仕事に行って、休みの日は左手お休みさせて様子を見たいと思います。
これ以上悪化しませんように!